悩みを解決したいとき、それは実は転機のサインなのです

心理療法
スポンサーリンク

揺らぐときは、変わるとき。

悩むときは変化の時。貴女が開花する前だということです。

外的な環境が大きく変わってしまったとき、あるいは、生活や環境は全く変わってはいないときでさえも、自分の中で何かがざわつき始めたり、このままでいいのだろうか?と悩み始めるときはあると思います。

それはまさしく貴女にとって転機のときがやってきたサインです。私たちの潜在意識は、今と変わらない環境を好み、新しい状況を受け付けようとはしないものです。だから、変わろうとする貴女に、変わらないように、今歩いている道をあるき続けるように促してくるものです。

あなたが新しい道を進むことにブレーキをかけて来ます。そのため不安感に包まれるのです。それ故に、あなたはますます苦しくなってしまうのです。

目の前の問題解決に選択肢が二つあって、右の道を選ぶか、左の道を選ぶか、、、悩むとき。どちらを選べばいいのか、、悩むとき。これは本当にもう人生の一大事ですよね!!

どうしてこんなに苦しいのだろうか?私はいったいどうしたらいいのだろうか??

そんな時、女性なら特に、苦し紛れに 占い師 の方に決めてもらいたくなりませんか?私はそうでしたね(笑)

悩みが大きければ、大きいほど、もう悩むエネルギーに疲れ果ててしまった時ほど、占い師さんに駆け込んだものです(笑) 自分の感情やらを落ち着かせるために、また自分の気持ちを外に吐き出すためにも、そのプロセスは良いと思います。占い師さんの判断を聞いた時の自分の気持ちの反応から、本当の自分の気持ちを知り得たりすることもあるでしょう。

悩みを解決した後、未来にやってくる幸せや、人生の開花の大きさが、大きければ、大きいほど、揺らぎの幅も大きく、行くべき道を選ぶまでの悩みの期間は長くなるものです。

悩むことはつらいけれども、これは良い転機の入り口なのだと捉えて、一人で抱え込まないで、知らない人(占い師さんや、カウンセラー、無償の電話相談室)や友達、家族、日記などに吐き出すことで、なんとか感情のバランスを保ちながら、自分の答えを探求していって欲しいと思います。

私の経験から申し上げますと、、悩んでも悩んでも、どうしても自分で具体的な解決方法が見つからないとき、、生ききたい(行きたい)道はわかっているものの、環境が許さないとき、、、そんなときは、いつかを満を持して救いの手が必ずやってきます!!ふわっと、突然に白い羽が空から舞い降りてくるように、だったり、稲妻のように強力な破壊がやってきたり( ゚Д゚)。。色んな方法で、解決の糸口は必ずやってきます。

それを信じて、どうか前向きに今日も過ごしていただけたらと思います。

悩む時期があってこそ、人生は花開いていきます。

人生には、絶対に正しい答えなどなく、良い答えも悪い答えもありません。

最終的に、(それまでは、いくらでもジタバタしたも、泣いたりしてもかまわない)『私はこうしました』といえるように自分で道を選ぶのが大切だと、私は思います

解決して自分の人生を開花させる力が、貴女の中にあるのは確かなのですから!

★貴女のココロに寄り添いお話を聞かせていただきます。愚痴聴きだけでも大丈夫^_^1分からOKです★ 詳しくはこちらまで

↓  ↓  ↓  ↓

貴女のココロに寄り添いお話を聞かせていただきます 波乱万丈の人生経験済みの★心理カウンセラー★愚痴などもOK

希望 ひかり エールを貴方に送りたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました