高齢の親への恩返し・親孝行旅行で必要なのは?費用ではなく、、、

高齢の親への恩返し・親孝行旅行で必要なのは?費用ではなく、、、 お金の勉強
スポンサーリンク

この記事は、87歳の頑固おやじを車椅子に乗せ、1人で押して、大阪から香川県へJRと高速バスで移動した一泊旅行記です。(空海生誕の地・善光寺への旅)

父は「歩けないのに旅行に来れるなんて夢みたいや」と感無量でした。親孝行するのに大金は必要ないですね!予想をはるかに超えて大変でしたが。行ってしまえば何とかなるものです!命ある間に親孝行&良き思い出を作りましょう♪

タイトルで触れた、孝行旅行に必要なのは?を、記事内 目次1でまとめています。

目次の2.実録・高齢父と娘の珍道中~空海生誕の地・善光寺への旅 

も是非読んでくださいね

あなたの親孝行旅行の参考にしていただければ幸いです。

親孝行旅行で必要なもの2つ

①プラン作成~親が旅行で体験したいものに絞り込む

親の希望を聞いたうえで旅行先移動手段宿泊施設を決めるのが一番だと思います。

こちらがよかれと思ってしてあげたことでも、高齢になった親は平気で文句を言うものですからΣ( °o°)

・どこか行きたい場所があるか?

・近場がいいか?思い切って遠くに行きたいか?

・何泊の旅行がしたいか?

・夕食付きの旅館がいいか?格式ある旅館や、広い部屋が希望か?食事は贅沢をしたいか?

・移動手段は、バスでもいいか? 飛行機に乗りたいか? 新幹線に乗りたいか?

などなど、親たちの希望を聞いてから

予算に合ったプラン作成をするのが良いでしょう。

私のケースでは、父の昔話を延々と聞いていて、子供の頃には何の娯楽もなかったので、

島から船で、香川県多度津市の善光寺さんのお祭りに行くのが楽しかった。と言ったので、

「善通寺また行きたい?旅行で一緒に行こうか?」と尋ねたところ、

意外にも、即答で「行きたいな~」と。

その場で、スマホで色々検索したところ、バスだとリーズナブルで行けるとわかったので、

バスでもいいか?と確認してから、バスとホテルの予約を完了しました。

父の場合、旅の目的は、善光寺に行く!のみでしたので、プラン作成は楽でした。

関西から四国方面に旅行に行くには、高速バスが超安いです

  (大阪~善通寺 所要時間3時間8分)

高速バスの予約はこちらがとっても便利です!

■発車オ~ライネット

座席指定、早期予約割引もあります

大阪から香川県 善光寺まで 往復1人 5500円でした。トイレ付きのJR四国バス

②連れて行く子供側に体力と気力(忍耐力)があるか

自家用車で連れて行くのなら、多少は楽かもしれませんが、

親は自分よりも体力はなく、自分よりも格段にわがままであると、心得るのが重要だと思います!!

ある意味、子連れより疲れます!子供なら、あんまりグズグズ言うと、一喝すれば、こちらも多少はスッキリすのですが、親にはそういうわけもいきません。

年老いて小さくなったとはいえ、車いすを押すのを、ベビーカーを押すぐらいに、簡単に考えていたのは間違いでした。

私は、健脚な方です、登山もしますし。

それでも、脚が棒になりました。疲れてくると、心の広さがなくなり、、結構自分の中で葛藤がありました。

でももし、貴女に、今、体力・気力があるのなら、是非チャレンジしたくださいね。

親孝行の旅は、忘れられない思い出づくりになると思います

実録・87歳の父を連れて、一泊2日の空海生誕の地・善光寺への旅

◆初日

父は87歳とは思えないほど元気ですが、杖をついて歩けるのは2~3分です。普段の外出は自転車です。

そのくせ、「車いすに乗るのはカッコ悪い!歩いていく!」と、言い張りました。

さすがにそれは、無理なので、、、今回の旅行は車いすで行くように説得しました(。>人<。)

亡き母の通院用に買っていた簡易タイプの車椅子に乗せて出発!

高速バス乗り場へ(JRローカル線で移動)

■最寄りの駅はエレベーターの場所も把握していたので、楽々改札口へ。

しかし、切符を機械に通さないで、駅員さんがいる窓口横の改札口を通過しようとしたら、

自動改札で、通過するように指示されました(๑o̴̶̷̥᷅﹏o̴̶̷̥᷅๑)

車椅子を利用しての移動は、都会では、結構冷遇されましたね。悲しかったです。

香川県では、皆さんからとっても親切にしてもらいました◝(⑅•ᴗ•⑅)◜..°♡

乗換駅ではエレベーター使用で移動。大阪駅のホームは3階で、1階の改札口までは、エレベーターで一気には移動できなくて、一度エレベーターを乗り換えました。

改札口に行くまで、結構距離がありましたね。車椅子で通勤している会社員の方を見かけました。

毎日大変だな、、と考えさせられました。

やっとバスターミナルに到着!

バス停の位置を確認してから、コンビニで菓子パンとお茶・コーヒーを購入。

(父にはバス停で待ってもらいました)

バスの中での父の様子⸜( •⌄• )⸝

乗車時間は 3時間8分(トイレ休憩1回あり・10分ほど)

その間、父はずっと喋り続けました ゚゚\(´O`/)°゜゚

久しぶりの遠出なので、窓から見える景色をずっと眺めて、「変わったな~」とか色々な感想。

変わった建築物があると、父は大工の棟梁だったので、昔話を延々と話していました。

真面目に、一生懸命に聞いてあげました。

傾聴(ง •̀ω•́)ง   

コロナ対策のカーテン

善通寺市での食堂探し

町は閑散としており、、、道行く人もおらず、、ひたすらgoogle map を見つめながらの歩き時間。車椅子押し歩き( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

事前に調べてはいたのですが、コロナの影響で営業時間が短縮になったり、閉店していたり、その情報がgoogleに反映されておらず、かなり歩き回る結果に(車椅子押し歩き)( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

やっと歩いている人を発見!!開いているお店を教えてもらって、こちらのうどん屋さんに!!

うどん県 香川県の おうどん屋さんは、麺とおつゆを入れてもらったあと、自分で好きなトッピング(てんぷら等)と乗せたり、サイドメニューの小鉢や、おにぎり、いなり寿司を選んで、トレイに乗せて、お会計をしてもらう。セルフサービスです。味は旨い!!

かぼちゃの天ぷらとワカメうどん+いなり寿司

★善通寺~境内散策

善通寺界隈は、本当に閑散としていて、父は驚いていましたΣ( °o°)

ほんとほとんど人がいない。

コロナ禍で、バスツアーが全く運行されていないのが原因のようでした。

お陰で、ゆったりと散策できると思いきや、、、、、、

じっくりと隅から隅まで見たい私と、

ざっくり見たら気が済む父。 それでも、車いすを杖代わりに押して、散策していました⸜(๑’ᵕ’๑)⸝

★四国八十八ヶ所霊場 お砂場道場

こちらは、絶対にお勧め場所です!!

四国八十八ヵ所霊場 お砂踏み道場 遍照閣1階にあります。

四国八十八ヶ所各霊場寺院の御本尊をお祀りし、各寺院より頂戴した境内のお砂をそれぞれの正面に敷き、それらを踏みながら礼拝していくことにより、四国八十八ヶ所霊場を巡拝されると同じような功徳を積んでいただけるものです。(HPより)

入場料は無料です。 

写真のようにお賽銭が必要な場合、受付にて両替えをしていただけます(500円を5円100枚に)

全部回るのに、1時間近くかかりました。父は杖をつきながらでしたが、途中で脱落して私を待っててくれていました。

写真の出典元は 旅ぐるなびです。(通常は写真撮影禁止です)

父の分もくださいました

ホテルでの時間 大浴場利用

観光も終わり、琴平駅まで電車で移動。

■琴平パークホテルを予約していました。(楽天トラベルで)

ホテル選びで決め手になったのは、以下の4ポイント

リーズナブル

綺麗で清潔(2020年リニューアル)

8階展望大浴場

金毘羅まで徒歩圏内

琴平パークホテル 1階朝食会場
8階展望大浴場

夜は、一緒に8階の大浴場まで行き、私は大急ぎで出て、ロビーで父の上がるのを待機してました。

ウオーターサーバー、コミック雑誌もあり、くつろげました。

ホテルの部屋は、カードーキーで、エレベーターに乗るのもカードをタッチしないと、行き先階数ボタンを押せない仕組み

つまり、年寄りには、1人で好き勝手に部屋からでれない状況。にもかかわらず、明け方、私がまだ寝ている間に、勝手に大浴場に行ってましたΣ( °o°)

たまたま居合わせたスタッフの方に助けてもらったようです。

夕食は町の居酒屋で

でました!年寄りのわがままΣ(•̀ω•́ノ)ノ

ホテル内にはレストランがないので、外出しなくてはなりません。

フロントでお食事処マップをもらっていましたが、

私は、贅沢にお寿司屋さんとかが、いいかな~?と考えていたのですが、、

「お寿司は食べたくない」

うどんはお昼に食べたから、うどん屋はいや!

私は、もう車椅子を押して長い時間を歩く気力もなく、、、

地図を見て、比較的近くの居酒屋に連れて行きました。家庭料理的なメニューなので

満足していた様子です。お店の人もとても親切でよかったです。

居酒屋 あや

「あや」に関する Google でのクチコミ(投稿者: いわけん)
★★★★★ "出張で来た時にフラッと立ち寄りました。 入って大正解。ご飯は美味しいし、何よりお父さんとお母さんの人柄がとてもよく、色々話しながらお酒を飲むことができました。また行きたいなぁ。"

就寝 父と同室で、眠れなかった原因(。>人<。)

考えてみたら、実家に帰っても同じ部屋では寝たことなかったんですよね

父は寝言が酷くて、、、しかも結構、愚痴や不平不満をでっかい声で、、、

私は、安眠出来ませんでした。イヤホンがあったらよかったなと思います。

◆2日目

ホテル内での朝食

朝食はホテル内1階のレストランで、通常はバイキング形式のようですが、コロナ対策でプレートで運んできてくれました。追加に注文できる単品もありました。

★金毘羅参り

金毘羅さんは、父にはさすがに登れませんが、金毘羅門前を歩きました。

(以前はあった、人力籠のサービスは、なくなっていました)

★金蔵寺 父の幼少期の思い出の地

電車で一駅乗って、金蔵寺へ。

ここは、父の母が修行のために数か月を過ごしたお寺です。

父も共に寝泊まりしていたそうですが、当時の記憶はないと言ってました。

私にとっては、自分のルーツ探しの旅のようで感慨深かったです。

金蔵寺公式サイト

再び善光寺へ

帰路のバスまで時間があったので、また善通寺に行き、石垣に座って時間をつぶしました。

興味深い鐘があったので、私は1人でお参りしていたのですが、

父が 何してんねん!遠くから叫んでいて、、

ほんま、、このまま おじ捨て山まで 連れて行きたいわ!と頭にきました(ˉ ˘ ˉ; ) 

往路のバスの私の様子 ( ᵕ̩̩ㅅᵕ̩̩ )

帰りのバスは、私には傾聴するという心の余裕が無く、

狸寝入りを決め込みました;(´◦ω◦`):

父は、寝ないで、起きてる様子でした。元気やな~

大混雑の大阪駅から実家へ 私の怒りMAX (ˉ ˘ ˉ; )

土曜日の夕方、大阪駅周辺は大混雑。

ホームに向かう途中や、エレベーターに乗る際に

父は私に方向とかを指示しながら、杖を振り回し、

私は内心ですが

怒りがマックスに!

次の旅行は、絶対一人旅がいいなあ!!と心に誓いました

(⋈◍>◡<◍)。✧♡(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました