火葬式の費用・流れの全てがわかる体験記事(イオンのお葬式からの手配)

火葬式の費用・流れの全てがわかる体験記事(イオンのお葬式からの手配) お金の勉強
スポンサーリンク

この記事を書いた動機~シングルマザーで元夫が亡くなった際、私には葬儀に関して何の義務感もなかったが、社会人2年目の長男の思い「貯金は少ないが、出来る範囲で父親に礼を尽くしてきちんとお葬式をしてあげたい。」を受けて、私が調べて、最終的にお願いした【イオンのお葬式・火葬式プラン】

低予算で、明朗会計で、礼を尽くした、後悔のないお見送りができましたので、

「お金はないが、きちんと葬儀はしたい」とお悩みの方の助けになるように、体験談をシェアしようと思いました。

手配してもらう葬儀社によって、

また、亡くなられた時間帯によっては、違いはあると思います。

が、「火葬式って実際どんなもの?」に対して感じる不安が少しでも解消されればと思います

イオンのお葬式とは

■イオンライフ独自の葬儀プランがあり、

実際に葬儀を取り扱うのは、全国の約600社の特約葬儀社です。

葬儀場は全国4000以上あります

■イオンライフが各プランの基本料金、オプション料金を明示していますので、透明会計です。

■24時間イオンライフのコールセンターが相談、手配の対応をしてくれます。

■電話相談の際に、亡くなった場所を伝えると、手配できる葬儀場を提示してもらえますので、その中から指定することができます

■支払いは、実際に葬儀を執り行う葬儀場に直接します。

イオンのお葬式の5つのプラン

■一般葬  参列者の目安 60~100名程度  セットプラン655000円(税別)

■身内葬         30~60名程度   セットプラン555000円(税別)

■家族葬           ~30名程度   セットプラン460000円(税別) 

■1日葬      ~20名程度   セットプラン325000円(税別)

■火葬式      ~10名程度   セットプラン185000円(税別)

※セットプラン料金には、火葬代は含まれておりません(火葬場によって料金が違います)

  

イオンのお葬式から手配してもらえる葬儀場一覧

葬儀場は全国4000以上あります

■こちらのページで葬儀場の検索ができます。

【イオンのお葬式】全国の葬儀場・斎場 | 葬儀・家族葬なら
「イオンのお葬式」でご利用いただける全国の葬儀場・斎場の一覧です。お近くの葬儀場を葬儀場名や地域名・駅名からも検索できます。お急ぎの場合や、深夜早朝でもすぐにお伺いいたします。葬儀・家族葬は「イオンのお葬式」にお任せください。

イオンのお葬式の火葬式プランとは

お通夜も告別式も行わず,もっとも負担の少ないプラン

納棺の儀式、出棺の前のお別れの儀式を、行います。

出典元イオンのお葬式

イオンの火葬式のセットプラン金額

セットプランに含まれているもの一覧

セットプラン185000円(税別)に含まれるもの

■寝台車(50キロまで)

■安置(4日まで)

■役所・火葬手続き代行

■枕飾り一式

■線香・ローソク

■お棺(布張棺)

出典元イオンのお葬式

■仏衣・棺用布団等

出典元イオンのお葬式

■白木位牌(仮位牌)

出典元イオンのお葬式

■遺影写真

出典元イオンのお葬式

■お別れ花

出典元イオンのお葬式

■焼香設備(レンタル)

■骨容器・骨壺

出典元イオンのお葬式

■後飾り祭壇

出典元イオンのお葬式

実際にかかった総額と明細

総額 218000円

185000円-5000円資料をダウンロードしたので)+消費税18000+火葬料20000円(京都市)

追加できるオプション

■納棺師(古式湯灌) 

■プロの納棺師による着せ替え、清拭、メイク等  追加料金目安 35000円(税抜)

■通常湯灌 シャワーでお体を綺麗にした後、着せ替え、メイク等  目安  63000円(税抜)

■寺院の紹介(主な宗派に対応)お布施 45000円

 ・炉前読経と戒名授与

実際の、臨終立ち合いから、火葬場でのお見送りまでの詳しい流れ

危篤の知らせを受けて

 私たちの場合、亡くなる1週間ぐらい前に、亡き元夫の入院先の病院からかなり容態が悪いので、事務的な書類も書いてもらう必要があるので、来院してください。と連絡があり、

他府県に住む子供たちも、都合をつけて、見舞いをすることができました。

重篤だったのですが、意識もあり、それぞれ良い面会ができました。

一方、お葬式も差し迫っているのは明らかでしたので、

事前にイオンライフのコールセンターに電話をかけて、火葬式プランについて問い合わせました

その際に、喪主にあたる息子が、イオンライフの資料をダウンロードすれば、5000円引きになると

教えてくれました。

亡くなった時点で、コールセンターに電話をかけたら、対応してくれると聞き、安心しました。

臨終に立ち合い後

亡くなって、喪主の長男が病院に到着したのが、夜の7時過ぎ。

病院の方に、何時ごろに霊柩車に迎えに来てもらえばよいか確認をして。

(エンジェルケア)といって、簡単に体を綺麗に拭いたり、髭剃り等もしてくれるので、

22時以降なら大丈夫と言われました。

(エンジェルケアは、保険適応外で15000円ほどでした。)

イオンライフのコールセンターに電話をかけると、

故人の名前、喪主の名前、希望するプラン名、病院名、所在地、等を聞かれました。

前回問い合わせをした時の情報は、記録されているようです。

祭儀場に関して、どの辺りが良いか?質問されたときは、慌てました。

母の葬儀の時の経験から、

火葬場からなるべく近くの葬儀場をリクエストしました。

時間の余裕のある方は、事前に葬儀場の情報を調べておいた方が良いかと思います。

私たちは、公益社の葬儀場でしたが、スタッフの方の対応がとてもよくて、有難かったです。

霊柩車でのお迎えから、火葬場での見送りまで全て同じ方が対応してくださったので、

緊張感も徐々に少なくなり、安心感がありました。

(大阪での母の葬儀の時は、流れ作業のように人が変わっていきました。)

霊柩車のお迎えから、葬儀場に安置まで

お迎えの霊柩車が病院に到着し、病室まで迎えに来てくれました。

付添いの家族が、私と、息子の2人だけだったので、

ご配慮をいただき、2人とも霊柩車に同乗させていただけました。

(息子が助手席。私は後ろで安置ベッドの横)

通常は、1人しか乗れないそうです。

葬儀場に到着後

遺体安置所に案内されました。

ゆったりとした完全個室で、八畳の和室もあり、冷蔵庫や、キッチンもついていました。

無料のコインロッカーもありました。

明朝、8時半には、葬儀場の職員が来るので、それ以降ならいつ来ても良いこと。

受付に伝えて、個室の鍵を開けてもらうように、という指示でした。

翌日の流れ(ご遺体に寄り添う)

朝、息子と個室にはいり、

9時過ぎに、職員さんがこられ、葬儀の説明と見積もりをいただきました。

支払いは、明日の出棺前で良いとのことでした。

午後からは、他府県へ嫁に行っている娘がやってきました。

夜7時頃まで、滞在しても大丈夫だと言ってもらえました。

夜伽は葬儀プランに入っていないが、追加料金20000円で朝まで滞在も可能でした。

日中は、子供たちの勤務先等から、立派なお花が届き、遺体横にセットしてくれました。

(納棺時に沢山のお花を入れられました。火葬プランには、少しお花がついていますが、やはり、それだけでは、寂しいので、有難かったです。)

祭儀場の職員さんは、お花が届く前は、心配してくださって、

「お花屋さんで、追加のお花を買ってきて持ち込んでも、大丈夫ですよ」と

言ってくださっていました。

■2021年2月現在では、火葬プラン195000円(税別)が出ています。

お別れ花の追加か、お礼の手紙のどちらかを追加で選べるようです。

また、ご遺体の髭剃り等もずいぶん丁寧にしてくれました。着せたい服があれば、着替えもしてもらえます。

※夜伽はしませんでしたが、1日中、ローソクとお線香を焚いて、寄り添えてよかったです。

翌々日の流れ(火葬場へ)

スケジュール

納棺の儀式の前に、スタッフの方が個室に来られて、清算をすませました。

①納棺の儀式 ~ 11時30分から

親族の立合い、葬儀場のスタッフのもと、しめやかに行われました。

白装束一式と、死者が旅の途中で渡ると信じられている三途の川(さんずのかわ)の渡し賃になる六文銭についてのお話

前日に届いたお花を親族で丁寧にお棺に入れ、ご遺体のお顔を除いて、埋め尽くしました。

副葬品として、愛用していた銘柄のたばこ。スタッフの方が、「封を開けときましょうね」と、開封されました。その他故人が好きだったもの、現役時代に活躍していた頃の思い出の品々を入れてあげました。(金属類は入れられません・・・入れるときに、スタッフの方がお声かけしてくれます)

②出棺 ~ 12時30分

霊柩車の後を、親族がそれぞれ車でついて火葬場に向かいました。

③火葬 ~ 12時50分

火葬場での流れ

火葬場に到着すると、

玄関を入り真正面に立派な祭壇のホールがあり、そこでしばらく待ちました。

ほどなく、お棺が祭壇に置かれ、僧侶の方がこられました。

読経してくださり

最後のお別れをしました。

(亡き母の大阪での火葬場と全く違っていたので驚きました。大阪では祭壇ホールがなかったです)

お棺は火葬場へ向かい、

出典元山科御陵セレモニー

私たちは、スタッフの方に案内され、待合スペース(かなり広いフードコート)に行きました。

出典元らくおうセレモニー

そこで、飲食をしながら待っていると、係の方(霊柩車のお迎えからずっと同じ方です)が呼びに来られました。

■お骨拾い

京都市の斎場では、お骨拾いは、個室でした。

厳かな個室で待っていると、ほどなくお棺が到着し、お骨拾いが始まりました。

葬儀場からの同じ係の方が、丁寧に説明をしてくださいました。

(大阪では、ボウリング場のレーンのような場所で、お棺が出てくるのを待ち、その場でお骨拾いでした。また葬儀場と火葬場のスタッフは別会社のようでした。)

■骨壺をいただき、駐車場に向かいました。スタッフの方が最後まで、お見送りをしてくださいました。

感想メモ~礼を尽くしたお見送りができたと思います~

夫婦間で離婚後も多くのいざこざがあって、子供たちは、全てを目の当たりにしたきました。

葬儀の後、子供たちから「お母さんは、お父さんのお葬式には、出ないと思っていた。」と言われました。正直、火葬場に直接送るぐらいで、いいんじゃないの?ぐらいに思っていました。お金の問題も大きいですし。

息子が精一杯の気持ちで執り行ってくれた火葬式プランは、参列者は招待できない小さな葬儀でしたが、

私たち家族は故人と、とても暖かい3日間を過ごせましたし、また、故人も喜んでくれたと思っています。

イオンのお葬式で手配をしてもらうメリット

◆金額が、明示されていて、とてもわかりやすい。

◆オペレータースタッフの対応が丁寧で、データが保存されて共有されている。

対応時間も24時間可能である。

◆紹介してもらえる葬儀社が全国にあり、こちらから指定できる。

◆寺院を紹介してもらった場合、相場価格より安いイオン価格のお布施で済む。

 葬儀後の、法要でも、同じ寺院をイオン経由で手配してもらえる。(その場合のお布施もイオン価格で対応してもらえる)

◆支払い方法に分割払いがある

【イオンのお葬式】分割払い | 葬儀・家族葬なら
お客さまのご希望に合わせ最短3回〜最長84回の分割払いがご利用いただけます。お葬式・葬儀はイオンライフにお任せください。ご相談は「24時間365日」無料にて承ります。

補足 お葬式費用に関する公的な制度に事後申請しましょう

こちらの記事を参考にして、必ず申請しましょう。

【イオンのお葬式】葬祭費給付金制度について | 「イオンのお葬式」コラム | 葬儀・家族葬なら

この記事はここまでになります。

最後までお読みくださって、本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました